師よ師よ     武者小路実篤

 師よ師よ     武者小路実篤

「師よ、師よ
何度倒れるまで
起き上らねばなりませんか?
七度までゝすか?」

「否!
七を七十倍した程倒れても
なほ汝は起き上らねばならぬ」

(『詩千八百』「武者小路實篤全集」第11巻、小学館、1989年)